フリーライター五十嵐まや子の 「ほっ♪とライフ・ラボ~ココロとカラダのマルチビタミン」
フリーライター五十嵐まや子のブログ。専門分野の日本史、心身の健康、医療情報の他、日々の思いなど取り揃えております。プチっと元気(^_^)分かち合いましょうo(^_^)o

プロフィール

MAHHYA

Author:MAHHYA
フリーライター五十嵐まや子です(^_^)
日本史・心身の健康・医療を得意テーマとし、単行本、雑誌、Webなどにて多数執筆しています。
また、塾講師として受験生に日本史の講義をしています。
誰だって、多かれ少なかれ、カラダやココロに不調を感じることはあるもの。
いつも元気でいなきゃいけないっ! なんて、気張ることはないのですo(^_^)o
自分らしい「ほっ♪とライフ」、一緒に探していきましょう~♡
免許など : 中学社会・高校日本史教員免許
      空手初段

●もうちょっと詳しいプロフィールは「リンク」からどうぞ♪



著書

図解 「これだけ! 」日本史 (三笠書房/知的生きかた文庫) 五十嵐まや子(著)、加来耕三(監修) ◎「読んで」わかる、図解で「見て」わかる! 2時間で、「この国の3200年」がわかる本



メールマガジン



twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



ユーザータグ

乳がん 東京防災 アスペルガー症候群 電気自動車 日帰り旅行 急速充電 視点・論点 磯田道史 花燃ゆ 大河ドラマ 起床 睡眠 糖化 自律神経 長距離バス スキー教室 和光中学校 ベネッセ ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 東洋医学 城島茂 24時間テレビ 阿波踊り コミュニケーション 武田梨奈 空手 椎名由紀さん 呼吸法 アクアシティお台場 エコースティックス こどもパーク ストレッチ 関節 PTA 笑いヨガ ロコモティブシンドローム ソチオリンピック 大雪 東洋大 Pro II PE Aria 体幹筋トレ 観覧 テレビ番組 頭皮マッサージ ヘアケア 定時制高校 不登校 TOKIO クルム伊達公子 腸内フローラ ソシエ・ワールド 幻冬舎 須藤政子 社会不安障害 電話恐怖症 裁判員制度 緑茶 コーヒー 脳卒中 子宮頸がんワクチン 体罰 子育て  脱水症状 インフルエンザ 保湿 乾燥 Blu-ray アベンジャーズ 自民党 選挙 TPP 試合 ジェット・リー エクスペンダブルズ2 経営者 日本脳炎 予防接種 マスコミ 誤報 iPS移植 姿勢 ストレートネック 韓国 中国 都立 高校見学 デコルテ  戦争 反日 木村昌幹 SAD 食べ順 宿題 夏休み  ベルシュヴー ヘッドスパ サッカー オリンピック 東大生 大津中学生の自殺 アメイジングスパイダーマン 原発再稼働、電気料金値上げ、 消費増税、オスプレイの配備 増税 消費税 精神障害者 就労支援 スネップ 文武天皇 持統天皇 河本準一 生活保護 「これだけ! 」日本史 図解 加来耕三 (知的生きかた文庫) 金環日食 白河天皇 大根おろし 藤原京 高尾山 シェエラザード 浅田次郎 東京電力 江戸時代 財政 藩政改革 地方分権 睡眠時間 平清盛 オリエンタルラジオ 津軽百年食堂 箱根駅伝 東洋大学 Wii あけましておめでとうございます 紅白 クリスマス ジャッキー・チェン 糖尿病 西郷・海舟・龍馬・高杉・木戸 葛西臨海水族園 飛鳥浄御原令 給食 高濃度放射線 放射能 世田谷 野菜ジュース 免疫力 うつ病 草壁皇子 鉢呂経済産業大臣 高照神社 松浦亜弥 子宮内膜症 民主党 代表選 大津皇子 夏風邪 原発 福島県 田んぼアート 熱中症 うつ状態 心筋梗塞 松田直樹 鵜野讚良皇女 自殺 アルコール 教員 江の島 マイケル・フェルプス ADHD 乳酸菌 南相馬市 天武天皇 アイスクリーム頭痛 テンペスト 琉球王国 仲間由起恵 綾瀬はるか 加来耕三先生 歴史 2013年  疲労回復 倭国 日本 天武 トラブル 救急外来患者 赤報隊 るろうに剣心 遊び ご近所 苦情 食事 Jin-仁 鉛中毒 額田王 上原美優 田中実 平泉 奥州藤原氏 世界遺産 山中湖 富士山 河口湖 壬申の乱 注意欠損多動性障害 ADHD 復興 災害支援 自衛官 差別 震災義援金 大友皇子 大海人皇子 お花見 南部美人 子ども 被災地 PTSD 卒業 支援物資 被災 災害 東北関東大地震 大地震 義援金 地震 辞任 夜型生活 入試問題投稿 中学校 書道セラピー 花粉症 お茶 マスク 風邪予防 中大兄皇子 引き寄せの法則 ノロウィルス ロタウィルス 抗がん作用 白村江の戦い 八百長 相撲 イナビル 認知行動療法 胸式呼吸 腹式呼吸 斉明天皇 英語 新学習指導要領 アルツハイマー病 孝徳天皇 レム睡眠 ノンレム睡眠 大化の改新 疲労 乳酸 陳舜臣 秘本三国志 乙巳(いっし)の変 三谷幸喜 うつ 低体温 倉田アクションクラブ 中臣鎌子 子ども手当 山背大兄王 発達障害 蘇我氏 寝だめ 聖徳太子 大人のアスペルガー症候群 武士の家計簿 飲酒 登校拒否 遣隋使 ハリー・ポッター 坂崎紫瀾 坂本龍馬 統合失調症 延坪島 スキニージーンズ  不眠症 松平健 小1プロブレム 文科省 飛鳥時代 古代 井伊直弼 風邪 ディズニーシー 不適切指導 新選組 龍馬 エクスペンダブルズ ノーベル化学賞 津軽 南部 九州新幹線 肥満 ぜんそく お母さん 赤ちゃん エコカー補助金 根津甚八 事故 野田聖子 トイ・ストーリー3 ゲーム PHP研究所 ブルース・リー 倉田保昭 予防 海洋天堂 胸部圧迫 救命救急 参院選 百日咳 双極性Ⅱ型障害 褐色脂肪細胞 子ども部屋 頭痛 元寇 小学校 1年生 肩こり ツイッター アレルギー アトピー 家出 むずむず脚症候群 運動会 才能 マタニティブルー 産後うつ 安政の大獄 榛名 伊香保温泉 畑田洋行先生 幕末志士 武市半平太 龍馬伝 運動 クローズアップ現代 NHK 発作 気圧 気温 臨場 内野聖陽 新1年生 入学式 ディズニーランド 天才 卑弥呼 奴婢 邪馬台国 プレゼント 卒園 公立 福山雅治 卒園式 保育園 過集中 ドラゴンキングダム 片頭痛 次男 昇級試験 高熱 発熱 海外 ネット アンゴラ 藤田まこと 必殺仕事人 池波正太郎 剣客商売 小子化 就学説明会 小学生 武田信玄 黒田裕樹の歴史講座 織田信長 障害 法的 ゲーム機 吉田松陰 剣術 宮崎作品 崖の上のポニョ 勉強机 プライベート 安治川親方 相撲協会 貴乃花親方 改革 理事 自治体 役人 三菱 香川照之 岩崎弥太郎 食と健康 読み聞かせ イケメン 新撰組 PEACEMAKER アレルゲン ワクチン 余ってる 新型インフルエンザ 琉球 月心会  反抗期 長男 小5 セロトニン 過敏性腸症候群 便秘 下痢 Vシネマ 倉田プロモーション EFT 武田和久 悲運 ディスチミア親和型 土方歳三 タイトル 幕末 自分だけの時間  お正月 大晦日 福田靖 佐藤健 JIN~仁 学習 鎖骨骨折 イエスキリスト 本作り 仕事 成長痛 NHK歴史秘話ヒストリア 平家  昇級 女性 不足 流産 妊娠 授乳  圧迫止血 新語 カスい カンフーパンダ 吉田兼好 ラブレター 高師直 PTA 沖雅也 俺たちは天使だ! 東京キッドブラザーズ 柴田恭平 だから優しく、と空が言う 香取慎吾 沖田総司 藤原竜也 摂食障害 学校 健診 無症候性心筋虚血 メタボリック症候群 骨折 乳幼児 応急処置 昇給審査 尊王攘夷 市橋容疑者 逮捕 感覚統合 左右 整形 市橋達也容疑者 医師 小野妹子 妻夫木聡 うがい  酒井法子被告 覚せい剤 楽天イーグルス 直江兼続 天地人 学級閉鎖 新型 親子 JIN 焼酎 睡眠不足 ママさんサークル 聖武天皇 仏教 産婦人科医療 「ザ・マジックアワー」 形成外科 整形外科 睡眠薬 原田佐之助 税金の無駄使い 仮面ライダーW ダーウィン進化論 トスカ アクション シルバーウィーク 犬吠崎 和式トイレ 鈴木あけみ 婚勝アドバイス「ダメ男」47タイプ 良妻力 薬物依存 酒井法子 ひざの痛み 足首の痛み ヴァイオリン 習い事 田中耕一さん ウォーターボーイズ 足利義昭 室町幕府 下肢静脈瘤 静脈 特定の恐怖症 閉所恐怖症 急性骨髄性白血病 病院 お医者様 激務 ドライアイ 露店 町内会 「ドラマティック日本史入門  戦国武将に学ぶ「人心掌握術」 少子化 手足口病 ヘルパンギーナ アルコール依存症 お酒 フリーライター 三内丸山遺跡 縄文人 デート 息子 年齢差 シンケンジャー 仮面ライダー デイケア 企画 出版セミナー 家族メモ イライラ 介護 縄文尺 巨大建造物 キムタク 強迫性障害 不安障害 古代遺跡 冷え エアコン  縄文時代 バンド ジュスカ・グランペール 脳画像 スイミング 徳川家康 健康法 のりピー 大原麗子 ギランバレー症候群 飲みにケーション 説明責任 患者 矢田亜希子さん 酒井法子さん ジンギスカン 源義経 生き残り説 菊池寛 東京ライターズバンク フリー 経営難 ベーシスト ミュージシャン 体育会系 武道 川村カオリ 山田辰夫 薩摩 柴山愛次郎 寺田屋 深呼吸 交感神経 副交感神経 緊張 ラジオ体操 フォ・ユァンジア カンフー SPIRIT 切り傷 擦り傷 消毒薬 早期発見 相容れない 自分 他人 ウィル・スミス ハンコック 役員 父母会 冷や汁 上杉鷹山 サンドウィッチマン 性教育 講演会 しじみ汁 肝臓 4,5歳児 三環系・四環系抗うつ剤 アサーティブ 池田屋事件 シャーロック・ホームズ ジャクソン5 K-20/怪人二十面相・伝 顎関節症 思春期 マイケル・ジャクソン エボニー&アイボリー セルフケア セカンドオピニオン 女子小学生 ダイエット 白洲次郎 気分安定薬 お医者さん 診療科名 不況 早期退社 労働局 近藤勇 坂本竜馬 笑声 解消法 足利事件 駐車違反 先人の知恵 戦国時代 全国医師ユニオン WPW症候群 ミスターブレイン 河合敦 早わかり日本史 疲れ目 パニック障害 ハウスダスト ひどい母親 すぐ怒る 叱り方 箸墓古墳 郷土史家 SMAP 草薙剛 バトン 血行障害 石田三成 勝者の歴史 燃えよ剣 明智光秀 社会復帰 復職支援 虐待 フラストレーション 想像力 天才工場 吉田浩 ディスチミア親和型うつ病 千葉真一 慢性疲労症候群 子育ての悩み 認知療法 NHK 鼻血 対処 病気 応急手当 相棒 自己愛型パーソナリティ 宣材写真 メイク SSRI パキシル 双極性Ⅱ型 攻撃性 治療 工藤祐経 源頼朝 一富士 曽我兄弟 下の子 ケガ 箱根 旅行 連休 唐沢明氏 百世瑛衣乎氏 食育 歴史小説 鎌倉 史跡 京都 奈良 竜馬がゆく 仏像 日本史 幸せ バンドな母の音楽的子育て 健康 脳腫瘍 出版社 骨髄性白血病 大腸ガン 医療 加圧トレーニング健康法 気管支ぜんそく 



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


♡子育ては自分育て♡

よろしければ、下記Yahoo! ブログをご覧くださいませ。

* 「バンドな母の音楽的日々」
http://blogs.yahoo.co.jp/conbliofam



長男10歳次男5歳

曲がりなりにも、育ってきた我が家の息子たちです。
ほのぼのとした味わい赤裸々な戦い(?)が楽しめます(^_^;)


笑いあり、涙あり、怒りあり、ションボリあり……。

「子育ては自分育て」とは、よく言ったものです。

親だって人間。
間違うことだって、いっぱいあります(>_<)。

間違ったときには謝ってやり直しましょう。

手を抜こうと思ったって、抜けない人もいます。
ま、いっか、と大らかにやり過ごせる人もいます。

どちらもヨシ、だと思います。
見当違いなことをしてしまっても、親はいつだって「子どもが幸せになること」を考えているのです。

基本はそれだ、と、私は思っています。(^_^)


ランキングに参加してます。
ポチっとお願いしますm(_ _)m


スポンサーサイト

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児


食が細いけど…どうしたらよい?



よろしければ、下記Yahoo! ブログをご覧くださいませ。
長男10歳、次男5歳。曲がりなりにも、育ってきた我が家の息子たちです。
ほのぼのとした味わい、赤裸々な戦い(?)が楽しめますよ(^_^;)

* 「バンドな母の音楽的日々」
http://blogs.yahoo.co.jp/conbliofam


食べ過ぎる、というのも困るけど、食べないのはもっと困る…。
だって、栄養とれないし、すぐ風邪ひくし、ひいたらひいたでなかなか治らないし…(私の実感…)。

 小食の子に案外多いのは強調文 style="color:#ff0099">、「ちょこっと食べ」
を繰り返している、というパターンです。

とにかく、食べてほしいから、子どもが「食べたい」と言ったとき、食事時間に関係なく食べ物を与えてしまう…。

そんな経験、ありませんか?
小さな子どものおなかには、入る量が決まっています

のどがかわいたとき、水ではなくてジュースを与えたら、カロリーを摂取してしまうため、その分おなかにたまってしまうのです。
 まずは、食事時間以外食べ物やカロリーのあるものを与えていないか、見直してみましょう!

…と、いうのは、食育の専門家のお話でしたが、食べないもんは食べない! というのが、私の実感…。

特に5歳の次男は、箸にも棒にもかかりません(>_<)

とくかく、栄養バランスをとってくれっ…ということで、

お皿につけられたものは、一口でいいから一種類ずつは食べよう」

ということで、お茶をにごしています(^_^;)span>

テーマ:おいし~い♪ - ジャンル:育児


レジャーは「一番下の子」の「体力」に合わせて計画!


ゴールデンウィークの家族旅行を終え、今更ながら、痛感……
子どもって体力ない~!

大人としてはせっかくの旅行、いろいろ行きたい! と、思うところだけど、
子どもの体力には限界があります。

また、子どもは普段と違う状況に興奮しやすいので、睡眠がぐっすりとれなかったり
はしゃぎすぎたりして、ケガの原因を作りやすいもの。

どうぞ、旅行の計画はゆったりと、そして、
必ず「一番年下の子」のペースに合わせたスケジュールを立てて下さい。
疲れがたまって、病気やケガをしないよう心がけましょう。

旅行先では、病院がどこにあるかもわからないし、
訪れた地域によっては休日診療に対応してくれる医療機関がない、
なんてこともありえます。

万一、子どもが疲れている様子だったら、予定のコースを変更するなど、
柔軟に対応してあげてくださいね。


ランキングに参加してます。
ポチっとお願いしますm(_ _)m



さて、風邪をひきやすいうちの子どもたち、この連休に入る前は、体調を崩さないかとひやひやし通しでした (>_<)

なんとか、無事出発できたものの、列車の中でハシャギすぎた5歳の次男はすぐに疲れてしまい、駅から旅館へ向かう上り坂ですでに戦意喪失…歩き始めて10分ほどで「もう、歩けない~」と、しゃがみこんでしまいました(^_^;)
はたまた、やや神経質な長男は、旅館に泊まったその夜、3時ごろパチッと目を覚まし、
「お母さん、眠れない…」(涙!)>…悲しいかな、眠れないまま朝を迎えました(^_^;)
神経高ぶりすぎだっつーの!


で、二日目。たっぷり遊んだはよかったけど、帰り道が大混雑。
疲れ切った子どもたちは
眠ってしまったり、しゃがみこんでしまったり、不機嫌になってしまったり…。

三日目は、とにかく次男が疲れ果てていたので、計画を大幅に変更して近所の博物館見学で済ませましたf^_^;

ま、子どもが小さいうちは、こんなもんですね、
はははは…(空しく笑う、母)

…うー、もっといろいろ周りたかったよ…)

* 「バンドな母の音楽的日々」
http://blogs.yahoo.co.jp/conbliofam

テーマ:家族旅行 - ジャンル:旅行


鼻血、鼻血、止まらない(>_<)



うちの子どもたちはアレルギー体質なので、鼻の中がかゆくてかきすぎてしまい、
よく鼻血を出します(^_^;)。

ティッシュを詰めて鼻を圧迫、というのが基本で、たいていは長くて10分程度で治まります。

ところが、先日の次男の鼻血は量が多い上、両方の鼻から出血! 

しかも、20分以上止まらなくて、ちょっと心配してしまいました(>_<)

すぐ、いつも見ていただいている耳鼻科の先生のところに行きました。

スコープで鼻の中を診てもらったら、鼻の入り口付近の粘膜が真っ赤にただれていて、そこから出血したとのこと。

まあ、子どもはどうしても鼻をいじっちゃうからね、とのことでたいしたことではありませんでした。

よかった、よかった…。

鼻の入り口から、1センチほどのところは毛細血管がたくさん集まっている上、粘膜が薄くて出血しやすいのだそうです。

子どもの鼻血は、ほとんどここが原因なのだそうです。

正しい手当ては、顔を下に向け脱脂綿の丸めたものを入れ、小鼻を圧迫します。

 ティッシュよりも脱脂綿の方がいいそうです。

ティッシュは線維が荒くて、かえって粘膜を傷つけやすいみたいですね。

 ちなみに、保育園のベテラン先生は、次男が鼻血を出したとき、
ティッシュを水でぬらしてから
鼻に詰めてくれたとのこと。

 確かに、そうすれば粘膜が擦れることもないですね。

子どもの鼻血は、あわてるな! ってことです(>_<)。

またまた勉強になりましたo(^_^)o


ランキングに参加してます。
ポチっとお願いしますm(_ _)m





テーマ:こどもの病気 - ジャンル:育児


「育児はこうあるべき」と自分を縛りつけないで!


昨日、次男保育園の保護者会に行きました。

その中で「早寝早起きをさせたいけど、どうしてもしてくれない」「兄弟げんかをやめさせたい」「『三角食べ』(ごはん、主彩、おつゆ…といったように、順にバランスよく食べること)をさせたいけど、どうしてもやってくれない
」…
などという、子育ての悩みがありました。

花 白


いずれも、「~しなければならないのに、うちの子はやってくれないという、共通項がありました。

私も子育て真っ最中で、あまり人のことは言えないのですが、
おそらく
「~あるべき」という呪縛が強いと子育てにプレッシャーがかかってしまうのかな、という気がしました。

子育てに一生懸命な人、よく勉強している人、子育てに関する他者の意見をよく聞く人に、その傾向は強いように思います
(私もどっちかというとそのタイプかな(笑)…)。

子どものために、いろいろ勉強するのはもちろんいいことだと思うのですが、
基本的に
子どもは親の思い通りに動いてくれないものです(^_^;)

ランキングに参加してます。
ポチっとお願いしますm(_ _)m


こうでなきゃ、ならないというワク組みから離れることも
親子双方にとっていいこともあるものですv(^_^)v
(自らの反省もこめて…)

テーマ:子育て - ジャンル:育児


子どもの虐待事件…その「親」に思うこと




子どもの虐待事件、あとを絶ちませんね(>_<)

「自分が絶対勝てるとわかっている相手に暴力を振るう」…
虐待をする人のひ弱さを、すごく感じます。

おそらく、虐待する親の心に、何かフラストレーションがたまっているのだと思います。

虐待する側にも、きっと何か悩みがあるのでしょう

虐待まではいかなくても、子どもに手をあげそうになったとき
自分の中に何か問題がないか
どうか、振り返って欲しいと思います。

まず、自分の心の中にある問題を解決しましょう

私も子育て中なので、子どもに対して腹が立つ気持ちはよくわかります(^_^;)
子どもが言うことをきかない、ナマイキなことを言う、泣いててうるさい
…でも、でも、これが子どもだもん!

ご自分が子どものころのことを思い出してみましょう。
たぶん、感情のコントロールなんて、ちっともうまくできなかったはずです。

あとは、ちょっと想像力を働かせてください

自分より、ずっと大きな人から殴られたり蹴られたりしたら、どんなに怖くて、どんなに痛いことでしょう!

「自分の心の問題を解決する」
想像力を働かせる」
虐待している自分を客観的に(たとえば、これが今テレビに映って全国に放送されてる、とか考えてみましょう)見直す習慣をつける」


これを実践するだけでも、不幸な事件は、かなり減るのではないでしょうか…?


ランキングに参加してます。
ポチっとお願いしますm(_ _)m


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育


「子どもを叱りすぎてしまう」と、悩むママ友のコトバ(>_<)


先日、下の子をお迎えに保育園に行ったら、同じ年長クラスママ友だち
私、最近、病んでいるの~」と、泣きそうになってやってきました。

とにかく子どものすることにイライラして、すぐに怒ってしまうとのこと。

「昨日もさ、子どもに話しかけられてもどうしても返事する気になれなくて
すごい冷たくあたっちゃって、あとから自分で『何てひどい母親なんだっ』…て思って苦しくて…」

ああ…とてもとても、他人事とは思えなかった!!

子育ての苦しみは、こんなところにあります。
子どもは、ほぼ100%(!)親の言うことを聞きません
だって、親とは違う人格を持ってるんだもん。

自分の思っていることをストレートに表現するのが、子どもというものです。
逆に親の言うことを聞きすぎる方が問題あるようです…
(こういうケースは、子どもが親の顔色を伺いすぎて自分の感情を押し殺している場合があるといいます)。

ある意味、子ども自己主張が激しいのは、心が健康な証拠ともいえます。

でも、毎日つき合わさせる親の方たまったもんじゃないのです!!

その友人には、
「もう5歳」より「まだ5歳」と思うようにして、
できないことにイライラするよりできたことを喜んであげたら? ということ、
少なくてもいいから、なんとか工夫して「ママ自身だけの時間を確保すること
ストレッチなど体を軽く動かしてみること」などを提案してみました。


ランキングに参加してます。
ポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m



子育ての負担は、なんだかんだ言って、やはり母親に重くのしかかります

自分ですべてをこなさなければ…と、真面目に考える人ほど自分を追い込んでしまうようです。

親のイライラは、結局、めぐりめぐって子どもに返ってくるもの

そんなことにならないうちに、子どもがまだ小さな段階で、母親の心のケアをすること…
これが、とっても重要になってくると思います

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児


「成育医療センター」は花でいっぱい#^_^#

 


昨日、長男のぜんそく検診のため、成育医療センターへ行きました。
http://www.ncchd.go.jp/hospital.php

長男ぜんそくと付き合い始めて、早9年
…彼の人生、ほとんど薬づけ…(>_<)。

大きな発作を起こすことはほとんどなくなりましたが、アレルゲンは超身近な
ハウスダスト
。。。

こまめな掃除、家族全員の布団の掃除機かけ、目の細かいぜんそく用シーツの使用、
動物・植物を近づけないこと
、その他ホコリ、ダニ、カビを増やさない配慮
週1回の耳鼻科通い
2カ月に1回の病院通い

アレルゲンに触れさせないための注意点がいっぱいの生活の中、
本人はもちろん親もがんばり続けています…。

ランキングに参加してます。
ポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m



重症患者さんの多い成育医療センターですが(そう考えたら、長男はぜんぜん元気な方!)、
庭はお花が満開でとっても素敵です。

パンジー紫 ピンク花群

パンジーオレンジ



草木のパワーで、病気の子どもたちの気持ちが少しでもやわらぐことを願います(^_^)

テーマ:こどもの病気 - ジャンル:育児


「WPW症候群」は不整脈の病気です


今回は、うちの次男が抱えている「WPW症候群」という疾患のお話です。

最初「心臓疾患」と、言われたときはびっくりしてしまったのですが、
150人に1人程度はいるような、軽度ポピュラーな病気なんだそうです(^_^;)

WPW症候群というのは、通常、心臓をめぐっている血管とは違う
「余分な血管」
ができしまっている
生まれつきの障害です。

心臓から送り出された血液は、何回かに1回、その不要な「バイパス道」を通るため、不整脈が起きてしまうのです。

 「トン、トン、トン」という、規則的なリズムの脈が「トン、ト、ト、ト、トン」という風に乱れてしまうわけです。

ときにこのリズムが「ト、ト、ト、ト、ト…」と、止まらなくなってしまうことがあるそうです。

すると、本人は突然の激しい動悸に襲わることになってしまいます
(でも、しばらく休んでいると治まるそうです)
 
この発作は、急に現われるため、防ぎようがありません
そして、一生発作を起こさない人もいるし、繰り返し発作を起こす人もいるのだといいます。

うちの次男の場合、不整脈はあるものの幸い大きな発作を起こしたことはなく
普通の5歳児と何ら変わることなく元気いっぱい過ごしていますo(^_^)o

 年に1回、24時間心電図計をつけて1日過ごす検査をするので、
その日はちょっと大変(>_<)ですが…。

多くの場合、乳幼児期思春期に発作が出なければ心配はないそうです。

ランキングに参加してます。
ポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m



 赤ちゃんのころは、本人も自覚がないので私が心電図計を持って、
犬の散歩のように、
次男のあとを追いかけてました…(^_^;)

今では、機械をウエストバッグ型の専用ベルトに入れて自分で持ち歩くので、
装着すると「変身!」とか言って、仮面ライダーになりきってる次男です(笑)。


参考までに…「WPW症候群とは」
http://100.yahoo.co.jp/detail/%EF%BC%B7%EF%BC%B0%EF%BC%B7%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4/


妊娠・出産のせいでクビを切られるってホント?

いろいろな職場があるので、一口には言えませんが
妊娠・出産をきっかけに
仕事をやめさせられるケースは決して少なくありません(>_<)


ランキングに参加してます。
ポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m



ことに、昨今の不況のあおりで、
妊娠や出産を理由に自主退社をせまられることは多いようです。

会社も工夫して、「クビを切る」という形にならないよう、うまくごまかして(!)いるようですが、
妊娠・出産のせいで仕事をやめさせられることは、全然珍しいことではないのです。

大企業や収益の安定している企業はともかく、いわゆる「一般の中小企業」の立場からすると、
産休育休なんてとられていたら、仕事がまわらなくなってしまう…というのが本音なのでしょう。

即戦力にならない人には、やめてほしい
経営に四苦八苦している社長からしたら、それが正直な気持ちなのだと思います。

かく言う私も、長男を妊娠したとき社長と直属の上司に「いじめられて」
早期退社に追い込まれました。

ま、やめるつもりではいたのですが、
「○月にやめたい」と申し出ていた時期より、1カ月早く追い出されました
(小さな出版社でしたから~)。

会社の対応には、結構頭にきまして(^_^;)
労働局
弁護士会の相談窓口などに電話して、
いろいろな意見を聞いたりしました。

当時は、私も若くて怖いもの知らずだったのだと思います(>_<)
すぐにやめさせられそうだったところを、社長と交渉して退職月の前月までは続けましたけどね(^_^;)。

でも、出社したら昨日まで使っていたパソコンが突如撤去されていたり
資料がゴッソリなくなって
いたり、
明日から自宅待機しろと言われたり…

本当に50歳過ぎた大人のおじさんが行うとは思えないような、
くだらなーいいじめに遭いました。

いじめて、いやな気持にさせ「もう、退職させてください」と、
私の口から言わせたかったんでしょうね。
そうすれば、「クビ」って形にはなりませんから…。

 私が勤めていた会社の社長・上司は、特別いじわるだったのかもしれないけどー(^_^;)。

でも、私のように会社と交渉することなく、泣き寝入りしている人はたくさんいると思います。

新しい命を授かったという、とっても素晴らしくおめでたいことも、
すべての人が好意の目で見てくれるわけではない、ということを、
その時に学びました

(こんなこと、学びたくないけど~f^_^;)。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児


最近増えてる「小学生の無茶なダイエット」



世の中、老いも若きもダイエットブーム

…健康のため、太りすぎがあまりよくないのは事実です。
もちろん、見た目にもスラリとしたシルエットがかっこいい、というのもあるでしょう。


ランキングに参加してます。
ポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m



しかし……近年、女子小学生にも、ダイエット志向が波及してきています。

女の子だから、見た目を気にするのはわからなくもないですが、
誤ったダイエットが子どもたちの正しい
発育を阻んでいる
現状があるのをご存知でしょうか?(>_<)

これって、本当にこわいことだと思います!

もちろん、親が、きちんと栄養管理体調管理をしながら
正しいダイエットをしている分には問題ありません。
 
でも、そこは子どものこと

「とにかく、食べなきゃやせる」
と、安易に考えてしまう子が、とっても多いのだそうです。

その結果、貧血、骨量不足(将来的には「骨粗鬆症」を招きます)、
成長ホルモン性ホルモンが正しく分泌されない、
果ては摂食障害まで引き起こす例もあるのです。

そりゃ、そうですよね。
発育盛りの大切な時期に、
成長に必要な栄養分を充分にとらなければ、
自ら病気を招いてしまうのは明らかです。

小学校高学年くらいの女の子さんを持つ方は、要注意です。

今は、しっかり食べてしっかり体を動かし
充分な睡眠をとって、成長ホルモンをどんどん分泌させる時期だ、

ということをきちんと教えてあげてほしいと思います。

これは、将来の健康につながる「非常に重要なこと」なのです。

そのためにも、親の方も正しいダイエットの知識を持つ必要がありますね。

過多な情報に振り回されないことが、
何よりも大切と、言えるでしょう(>_<)

テーマ:女の子育児 - ジャンル:育児


小学校5年生…大人と子どもが入り混じる難しい年頃です

思春期の入り口に立って、
ますます対応に難しさが増してきた小5の長男(>_<)。

ちょっとしたことで機嫌を損ねたり
こちらがとまどうほど甘えてきたり
…なかなか、苦労しております(^_^;)


ランキングに参加してます。
ポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m



そんな中、先日
「子ども部屋に鍵をつけてくれ」

と言われました。

いよいよ、親の干渉がうっとおしく感じるようになったのでしょうね…
(ん~、一抹の寂しさ…)。

鍵をつけるようなタイプのドアノブではないので
「ホテルみたいに、『今、入らないで下さい』とかって、札でもさげようか」

と、言ったら
おお、それいいねえ~
(素直なのか、
反抗的なのかよくわからないf^_^;)

で、100円ショップでいろいろ探したところ、
表が「営業中」裏が「準備中」
っていうのがありました。

営業中

準備中



なんだかよくわかりませんが(!)、
「これ、いいんじゃない?」

親に入ってきて欲しくないとき
「準備中」をかけ、

親が入ってもいいときは
営業中」と、することに…。

どこか、何かがズレているような気がしつつ、
「準備中」の札を苦笑まじりに眺めてしまう
今日このごろです(^_^;)

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児


5歳の次男…男気が出てきました???



うちの次男は、もともと気が強く力も強く、負けん気も強い
…でも、体はちっちゃいというタイプ (どんなタイプなんだ???)です。

 最近、特に気が強くなり、親のいうことも「わざと」聞かなくなってきました


ランキングに参加してます。
ポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m



男の子は、4歳を過ぎたあたりから
急激に男性ホルモン
「テストステロン」が、分泌されるのだそうです。

 自己主張が強くなり、
友達とのけんかも激しくなり
とんだり跳ねたり走ったり

…ポヨポヨの幼児体型が、若干筋肉質にもなってきます。

 長男のときは、これを知らずに、ずいぶん手こずってしまいましたが、
「男の子はそういうもんなんだ」と、わかったら、
今の次男にはたいして腹も立ちません

(最初の子って、ほんとかわいそうです!!

の方も初心者なもんだから、
いちいち悩んじゃうんですよね…)

我が家には、反抗期の入口に立って扱いがますます難しい長男がいるせいもあり、

多少荒れていても
ぎゅーっ、大好きだよー

と、抱き締めれば
ん~、ボクもママ大好き~
で、簡単に治まる次男は、まだまだかわいいもんですo(^_^)o

そのうち、ギューッもさせてくれなくなりますからね~…。

男性ホルモンの出始めた、4,5歳男児に手こずっている方は、

ぜひぜひ、
「今だけだ」と、思って
いっぱいいっぱい抱きしめてあげてくださいませ(^_^)

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児


性教育は堂々と!?…がいいのかな?



家族で、お笑いのサンドウィッチマン
DVDを見ていたときのことです。

ランキングに参加してます。
ポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m



そのDVDがたまたまそうだったのか、
やたらと避妊具が登場するんですね(^_^;)

5歳の次男は特に気にせず、見過ごしていたのですが、
10歳の長男はどうしても疑問をぬぐい切れなかったみたいなんです(>_<)

「ねえねえ、お父さん、コン○―ムって、何?」
…ううっ、とつまる夫

「ねえ、何なの? あれ。なんでみんな笑ってるの?」

困ったようにテレ笑いしながら、
どうしても返事ができない夫…。

で、私は言いました。
「ちゃんと、正しく説明してあげた方がいいよ
…。

確か、長男が8歳くらいのとき
避妊具自動販売機を見て

家族計画…って、何? 
何売ってるの、コレ?」と、聞かれ、
私も言葉に詰まった覚えがあります。

でも、やはり適当にごまかしてはいけない(!)と、
思い、カブトムシの交尾から話を始め(>_<)、

「どうしても子どもが欲しくないときには、

男の人の大事なところにある『赤ちゃんのモト』
女の人の中に入ってしまわないよう、サックをするんだよ
と教えました。

わかったのか、わからなかったのか、よくわかりませんが…(^_^;)
「ふーん、だから家族計画なのか」などと、言っていた長男でした。

で、今回は夫の番(!)

「男の人がね、子どもができないようにち○ち○の先っちょに、
かぶせるゴムのことなんだよ」と、説明。

すると、長男はハタと手を叩き、
「ああ、あの、自動販売機で売ってたやつだ!」
と、言ったのです。

覚えてたんですね、カブトムシの交尾の話…(♯^_^♯)。

賛否両論あるかと思いますが(汗)、
私はこの情報化社会でおかしな知識が入ってしまうより、

赤ちゃんができると、困る状況もある
男性には女性を大切にしてほしい

ということを伝えたいと思っている次第です(^_^;)

ん~、でも、いざとなるとテレちゃうし、なかなか難しいもんですね。

なるべくヘラヘラしないで、真面目に話すことが肝心かっ、
と自分に言い聞かせてます!

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児


「父母会役員」「PTA委員」…ダブルパンチです…。

今年は、なぜか保育園の「父母会役員

小学校PTAの委員
同時
なってしまいました


ランキングに参加してます。
ポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m



子どものためだから、やらなきゃいけないのはわかってるんですが、仕事が忙しいときは、
本当に、本当に大変です…。

 
おとといは保育園の「お祭りごっこ」のビデオ撮影
昨日はPTAの「ドッヂボール大会」の仕切り…、

ああ~、忙しい、私に本業の仕事を~仕事をさせてくれ~…
という、気持ちになってしまいます…。

 もちろん、楽しそうな子どもたちの顔を見ているのは
なかなかよいもので、役員そのものは否定しないのですが、


なんとかもう少し親の負担が少ない方向で、
できないものかといつも思ってしまいます。


 長男が保育園の年中さんだったとき、
あまりに
父母会役員の負担が大きかったので、
翌年会長になった私は

イベントは全部中止! 
会員さん全員に役立つ情報を発信することをメインにしましょう」と

大きく父母会活動そのものを方向転換させたことがあります。

(また、意見言ったりしちゃうから、会長なんかにさせられちゃうんですよね~。
本当に、自分のおせっかいな性格を恨みます…)


 ここしばらくは、その方向で進んでいたのですが、
また去年あたりから
豪華な卒園アルバムを作りましょうなんて、ことを
言い出す人が出てきてしまったりする始末で…。


 そんなら、自分が役員になってやりなさい! 
と、言いたいところです。


今は個人主義が進んでいるんだかなんだか
役員をやらない人は徹底的にやろうとしません

なので、結局同じようなメンバーの中で、回さざるを得ない状況になっちゃうんですね(>_<)
(ま、これも
おせっかいのサガでしょうか(^_^;)

小学校のPTAはもっと規模が大きいので

「仕事をしていることは理由になりません」とか言っちゃって、
日中の午前中に会合を開くことを絶対変えようとしません


(平日の午前中は、働いてるだろ、フツー…)。

しかし、保育園と違ってPTAを変革するのは大変だぞ…

なんか、やたらと燃えててコワい人もいるし…。

働く人が増える昨今もうちょっと柔軟に

父母会PTAの運営ができないものか…と、
願う今日このごろです。


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育


擦り傷は「消毒しない」が最近の流れのようです



いよいよ、夏休みに入ってしまった…、
あ、いや入りましたね~(^_^;)

(子どもが家にいると、大変だあ~…実感…)。

夏休みということで、どうしても多くなるのが、
アウトドアでの擦り傷切り傷

ランキングに参加してます。
ポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m



傷といえば、消毒薬というイメージですが、
最近は、傷口に消毒薬を使わない
流れになってきているそうなんです。

次男の通っている保育園では、
傷口を水道水でよく洗い流し、そのままガーゼか、絆創膏を貼っておく
ということになってて、すでに消毒薬は使っていません

傷ができると、「浸出液」というものが出てきて、
自然に傷を治そうとするらしいのです。

いわゆる、自然治癒力が働くのですね。

ところが、消毒薬をかけてしまうと、悪いばい菌だけでなく、
よい役目をする浸出液も殺してしまうため
結果的に傷がなかなか治らなくなってしまうのだそうです。

ちなみに、我が家では、傷が小さいときは、
まず患部をよく洗ってから圧迫止血して、絆創膏を貼ることにしています。

明らかに範囲が大きくて、膿みつつあるなーと思うときは、
抗生物質入りの軟膏を塗ってしまいます

(これで、我が家の場合たいていうまくいくのですが、
あくまで私独自の方法なので、お勧め、ということはできないのですが…。
大人の場合も、これで乗り切ってます(^_^)

もちろん、傷が大きいようなら、すぐに

皮膚科
外科で見てもらいましょう。

・・・子どもは細かいことはあまり気にせず、擦り傷だらけで遊んでますけどね…(^_^;)
まあ、消毒薬は使わないのがスタンダードになりつつある、という最新情報でした。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体


体育会、誤解してました…武道はいいです!



最近、次男が空手中心のアクションクラブに通うようになって、
武道っていいなあ」と、思うようになりました(^_^)


ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


私は、中学・高校とバスケットボールをやってて、
スポーツそのものは好きなのですが、

軍隊みたいな妙な上下関係がとてもいやで、
体育会系ってどうしても好きになれませんでした。

近年、大学の体育会でレイプ事件なども起こったりするし、
うまい子に対するイジメもあるとか聞くし、
体育会」って、あまりいいイメージなかったんです(>_<)

しかし、次男の通っているところの先生は、
いわゆる「さわやかスポーツ青年」。

挨拶も大きな声でしっかりしてくれるし、
話をするときは目をまっすぐ見てとても真摯に答えてくれます。

教え方も上手で、うまい子にもそんなでもない子にも、
試技のあとには必ず「よし!」と、声をかけ、
余計なことはいっさい言いません


指導はほんの一言
「ここを、こう直そう。それでよし」。

…これって、子育てにも通じるなあ、と見学するたびに感じます。

私なんか、子どもに対してズルズルとほめすぎてしまったり
しつこく叱ってしまったり…。

そうじゃなく、まず「よし!」と、認め、短い言葉で端的に指導をする。

これこそ、「育てること」の基本だなあ、と感じます。

体育会系すべてが悪いわけじゃないんですよね(^_^;)
誤解してて、ゴメンナサイ、という気持ちです。

武道という、礼節を重んじる教室だからなのかもしれませんが、
子育てにもとっても参考になってますo(^_^)o

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児


早いもので、8月・・・夏風邪には要注意です(>_<)



夏休みに入ったばかり、と思っていたら、もう8月ですね。。。


ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン
  

うちの10歳の長男は、夏休みに入ったとたんに大スパーク!

勉強はもちろんまったくやらず(^_^;)、ラジオ体操から始まり、
学校のプールだ、児童館のイベントでお泊りだ

区民プールだ、友達がお泊りに来る、
次の日は朝から夕方まで公園で水遊びだ…

…で、当然の帰結というか、なんというか、
体力的に追いつかなかったようで、夏風邪をひいてしまいました(>_<)

連日の寝不足
プール後や水遊び後の保温

今日は少し家で休みなさい、と言っても、
ちょっとしたスキに家を脱走し(!)、友達と遊びまくり・・・。

まあ、こんなに遊べるのも小学生のうちだからしょうがないとして

・・・しかし、まったく、ほんとに人の言うことを聞かない
…もう、どうしょもありません(^_^;)

夏は暑くて体力を消耗する上、
冷たいものの摂りすぎで食欲も落ちがち
栄養分も充分にとれなくなります。

そして、暑い外から、涼しいクーラーの中に突然入るときに感じる
大きな寒暖の差」・・・。

大人だってこたえるこの暑さ
さらに体力の弱い子どもには、
夏風邪になる要素が盛りだくさん!

長男は、38度台後半の熱が3日間続きましたが、
明日からは1週間のキャンプに出かけます(>_<)

よほど、やめさせようかと思ったのですが、
いつもかかっている耳鼻科の先生が

「しっかり薬を飲んで、体調管理に気をつけること!」と、
クギを刺してくださり、さすがに大まじめにコクコクと、うなずいていました

体力より、ハイになってしまう気持ちを止められない子どもたち

お子さんのいらっしゃる方は、夏の子どもの体調管理
(私に言う資格はありませんが!!)充分注意してあげてくださいませm(_ _)m

テーマ:☆夏休み☆ - ジャンル:育児


学校で教えてくれない?! カナヅチの子が増えてるそうです



先日、子どものカナヅチ増えてる
という記事を見ました。

http://yoron.mag2.com/news_and_society/topic/show/1433

ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


最近の、習い事でやはり大人気なのはスイミング」。

みんな、就学前からプールに通うため、泳げる子が多く、
学校ではあまりちゃんとした指導をしないのだ、という話を
ママ友から聞いたことがあります。

だから、「泳げる子」
「まったく泳げない子」
差が激しくなってしまうのでしょうね。

私が小学生のころは、バタ足から
学校先生が丁寧に教えてくれて

うまい下手は別として、
最終的にはみんな泳げるようになってたような
気がするんですけどー…。

小学生の長男に聞くと
やはり、基本からは教えてくれないと言っていました。

うちの子は、スイミングを習っていないので
自分なりの泳ぎ方で適当に泳いでます

時々一緒にプールに行くと、その泳ぎはひどいもんで(^_^;)
以前、水泳を習っていた私は、見るに堪えません(>_<)。

しかし、長男の場合、そのひどい泳ぎで50m行くので
たいしたもんだなあ…と、別な意味で感心してますが(^_^;)

でも、要はおぼれなきゃいいわけなんですけどね。

おぼれないためには、「水の特性を知っておくこと

…つまり、スーっと力を抜いた方が、体が浮いてくる
ということだけは知ってた方がいいと思います。

学校がやってくれないなら、やはり、親が教えるしかないってことなのかなー???
最悪、命に関わることですからね~(>_<)

テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育


長男とデート(*_*)次男とデート(?_?)~その異なる悩みとは…



一昨日は次男と映画に行き、
昨日は長男とぜんそく検診のため病院へ出かけました。

2日続けて
息子たちそれぞれと、デート
(?!)

ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


どちらも用事が済んだあと、マクドナルドでお昼を食べました。

まずは、映画を見た方の次男は5歳
すっかり仮面ライダーモードに入っています…。

「お母さんさあ、知らなかったと思うけど…
(真剣な顔で)ボク、ほんとは『仮面ライダーマンモスなの』」

「マ、マンモス?
聞いたことないなあf^_^;、しかし、驚いた顔で)
へ~、そうだったんだー。」

「そうなの。でもね…」
と、ここで難しい顔をして、腕組みする次男。。。

マンモスだから
冬にならないと、変身できないんだよねえ~」

あ…氷河期ね…。季節限定ライダーなのね(^_^;)

「そっかー、それは困ったねえ~」

飛躍的な想像力
&それにまつわる5歳児の真剣な悩みに、
大笑いさせてもらいました!

一方、小5の長男
マクドナルドでポテトをつまみながら

「ボクは、人よりずば抜けた才能って、何も持ってないんだよね…」
と、ポツリ、ため息(-o-;)

いやいや、最初からずば抜けた才能を持ってる人なんて、
ほんのひと握り。
みんな努力して、才能を身につけるんだよ

「そう、才能なんてあとからついてくるものなんだよ! 
まずは、自分の好きなことを見つけて、それに打ち込むことが重要なんだよ」

と説得する私…(^_^;)

しかし、5年生にもなると、
悩みも複雑になってくるんですね~(>_<)

長男のいいとこや得意なものを、
数々挙げ、必死に励ましてしまいました!

それにしても、5歳の違いで、悩みもさまざまです
(性格的なものもあるのでしょうが^_^;)。

兄弟の年齢差と個性を感じさせる、
なんだかほのぼのとするひとときでした(^_^)


テーマ:息子の成長 - ジャンル:育児


すわ! 新型インフルエンザ? …ではなかったデス(^_^;)


5歳の次男が、昨夜、突然高熱を出しました(>_<)

ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


急な発熱、頭痛、体中が痛い
…こ、この症状はもしかしてインフルエンザ!?

「まさか、ついに新型インフルエンザか!」

はらはらしながら、眠れぬ夜を過ごしました。

次男、夜中に大汗&大おもらし(^_^;)で、
お着替え、布団乾燥機がけ、何度も熱を計り
ヨレヨレの朝を迎えた母でした。

で、小児科に連れていったところ
「のどに水疱がありますね。
ヘルパンギーナか、手足口病です」
と、言われました。

よかった~(>_<)、

新型インフルエンザだったら、
学校の始まった長男への影響、
保育園への影響など、いろいろ、いろいろ心配してしまいました。

ヘルパンギーナ
手足口病も、
夏風邪の一種です。

ヘルパンギーナのどの奥にたくさんの口内炎ができる病気。
手足口病のどの奥に加えて手足にも水疱が出る病気です

ふつう、大人はかからないのですが、
私は両方とも子どもからうつされたことがあり
そのつらさ、身にしみています!


のどの痛みはハンパじゃなく
お茶を飲むのさえつらいといった感じなんです…。

しかし、いずれも高熱が長引く病気ではないので、
一安心

小児科から帰ったとたんバタンと倒れて眠ってしまったのは

私の方でした!

テーマ:病気 - ジャンル:育児


秋祭りの手伝いで「かき氷屋さん」になってきました



PTAのお手伝いで、
神社の秋祭りに借り出されました。


ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


町内会が主催している、小さな神社のお祭りです。

近所なので、だいたい毎年行くのですが、
自分がお手伝いをするのは初めて

露店の仕事なんて、したことないので、
祭り用のはっぴを着せられたはいいが、何をしたらいいのやら…。

とりあえず、飲み物売り場をまかされたものの、なぜか閑古鳥…。
そのうち、隣のかき氷屋さんが大行列になってしまい、
急遽お手伝いです!

かき氷を作っていた、町内会おじさんはテンパっちゃうし
おつりはまだ来ないし

お金ぴったり持ってる人から並んでねー
と、わけのわからない仕切りをしながら、お手伝いデス…。

そのうち、かき氷を作っていたおじさんが
「ちょっと、つり銭をもらってきますから」

と、その場を離れてしまい、
本格的かき氷屋さんになってしまった私…。

「かき氷くださーい」
「はーい、お味は?」
「えーっと、ブルーハワイで」

ブ、ブルーハワイ??? 
な、なんじゃ、そりゃ…。

あわてながらも、シロップを探し、
あ、青い奴ね
(味はだいたいみんな一緒なんですよね^_^;)

途中、わが息子たちやその友達も買いに来て、
大サービスしつつ、
少しずつ仕事になれていきました。

今後、あまり経験することのないであろう
露店のかき氷屋さん」

という貴重な経験は、
PTAのお手伝いをすればできる
ということがわかった1日でありました…。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児


長男のヴァイオリン発表会…おそるべし、子どもの未知なるパワー(>_<)



先日、長男ヴァイオリン発表会
がありました。

ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


反抗期に入りかけた彼は、
気持ちが不安定なことが多く……

私と大ゲンカしたそのあとに
ヴァイオリンのレッスンがあり、
ある日、先生に「やめたい」と、泣いて訴えたのだそうです。

だから、今年の発表会は無理か……。
と、思っていました。

ところが一転、
発表会出る
とのこと。

もう、これだけでびっくり仰天です。

先生は、とてもやさしい方で
「では、とにかく曲を楽しむような感じで、やってみましょう」
と、レッスンを続けてくださいました

その日以来、長男は家で個人練習を全くしなくなりました!

発表会、本番直前になっても、
家ではまるで練習せず… (>_<)

と、いうわけで、ぜーんぜん練習しないまま、
本番当日を迎えました。

一応、レッスンの時間だけ(週1回30分)は
弾いている(と思われる)のですが、
家で個人練習しないから、私もどんな曲だかわかりません…。

リハーサルでも、間違いだらけ
だめだ、こりゃ…と思って、
本番直前の長男に付き添っていたら

「なんか、発表会って楽しいね
なんか、弾くの楽しみになってきた

……。

ええー!!
 あんなに練習しないのに
あんなに弾けないのに
舞台が楽しみなのーー!?

信じられない気持ちで、
長男の顔をまじまじ覗きこんでしまいました。

で、本番です。

リハーサルのときとは、別人のような堂々とした音色
長男のヴァイオリンから響き渡り、
私はわが耳を疑いました

強弱もきちんとつけて、
曲がりなりにも5歳から5年間やってきたなりの、
技法で曲を弾いているではありませんか(>_<)

ポカーン、と口をあけ、演奏に聞き入ってしまった私…。

長男は、一度も間違えることなく自信たっぷりに弾き切り
満足そうにおじぎをして、そでに下がっていきました。

今のは、なんだったんだ…、と思いつつ、
ハッと我にかえって楽屋口に走ると、先生とニコニコしながら話している長男…。

「すごいねー、堂々としてて、すごくよかったよー。
本番に強いんだねえ
と、先生に言われてご満悦の長男。。。

私は「こ、こういう曲だったんですね
家で、練習しないもので…初めて知りました…」
と、わけのわからないコメントを口にしてしまいました。

しかし、子どもって、ほんと恐るべしです(>_<)
大人にはない、不思議な力を持っているのですね…、

いやあ、わが子ながら、びっくりさせられました!!

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児


子どもの膝の痛みは「成長痛」だけじゃない!?…ストレッチで解消することも!



うちの子どもたち、
時折「ひざが痛い」と、いいます。

ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


特に長男は、よく痛い、といいます。

子どものひざの痛みって、たいてい成長痛ですよね。
自分でも経験あるのですが、

急激に身長が伸びるときって、
よく、ひざに痛みを感じたものでした。

夫も同意見で、しばらく様子を見ていたのです。
ところがうちの長男、
ひざに加えて足首にも痛みを感じるとのこと……

痛くて歩けない」というので
整形外科に連れていくことにしました。

レントゲンをとってもらうと……
体が硬いせいで、骨に負担がかかっているんですね
とのこと…!

先生の前で、長男が前屈をしてみせると、
先生、若干笑い混じりに

「普通、小学生だともうちょっと曲がるんですよ。
かなり、体が硬いですね

と、宣言されてしまいました(>_<)

ひざの痛みも同様の原因なのだそうです。
成長痛だとばかり思っていた私、認識不足でした!!

「遊ぶ前には、アキレス腱を伸ばすだけでもいいから
ストレッチをしてね」
と、言われ、素直にうなずく長男…。

その場で、先生に足首を伸ばしてもらっただけで
痛みはひいたそうです。

ストレッチ侮れず……

中高年以降には必要なことだと思ってましたが、
小学生といえども大切だったんですね(^_^;)。

テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体


股関節が開きにくい「妊婦」さんが増加中!


出産を経験された方は、
そのつらさおわかりかと思いますが…


ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


陣痛の痛みに加えて、出産の姿勢
(よくわからない方は、ご想像におまかせしますm(_ _)m)

長時間になると、けっこうつらいものがあります(^_^;)

ここで、問題なのが、
最近、股関節が充分に開かない
妊婦さんが増えているということ。

赤ちゃんは、いわゆるお股の間から出てきますから、

股関節が開かないと、非常に出にくいんですね
(出にくいというか、出てこられない、というか…)。

これは、問題です!

そして、このように妊婦さんの
股関節が開きにくくなっている
原因として考えられるのは……

なんと、
おトイレ…にあるそうです!!

つまり、子どものころから洋式トイレで生活してきた女性は、
和式トイレ「しゃがむ」姿勢
慣れていないそうなんです。

和式トイレは、日常的に
股関節を開くトレーニングマシンだったのですね(>_<)

もちろん、トイレだけの問題ではないのでしょうが、
この情報、結構説得力があります…。

布団の上げ下ろしをする
高齢者の方の方が、
ベッドを使っている方より筋力が衰えにくいというデータもありますし、

和式生活、侮れませんねー
いろいろなところに、影響が出るもんなんですね(^_^;)

テーマ:健康 - ジャンル:心と身体


ついにきましたPTAの洗礼!?


本日、来年度のPTA役員
選ぶ会が、小学校で開かれました。

ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


各クラスから、2名選出しなければならないのですが、
会に出席しないと選ばれてしまう…という、
恐ろしい選挙です(>_<)

で、私は休んでしまいました

仕事が忙しくて忙しくて
とてもそんなもんに行っていられなかったんですー

そーしたら、キターーーーーー!

夜になり、役員選出委員のお母さんから電話が入り
「あのー、PTA役員の候補に選ばれましたので、
役員を決める会議に出席していただきたいんですが…。」

他のママ友から、候補に当選(!)してしまった
という話を聞いていたので、

はいはい、わかりました、と返事をしておきましたが、
休んだ人に投票する選挙って、どうなんでしょうね?

働くお母さんが、
無理せず参加できる体勢を作ってから、
投票なりなんなりして欲しいもんです。

物理的に、無理なもんは無理です

仕事で行けないから、休んだら
当選(?)するってどういうことでしょう?

本当に、PTAはこわいところです(◎o◎)!

ナントカ会議に出席してください、
一方的に言われましたが、
仕事が入っていたら行けないでしょう

本当に、困ったもんですね。。。

政権交代しても、
「専業主婦」主体のPTA制度は、
永遠に変わらないんでしょうか…?

(このご時勢、専業主婦の人も
少なくなってるような気もしますけどね…)

テーマ:PTA - ジャンル:学校・教育


ぜんそく持ちの男の子、危険な季節です…(>_<)



春の花粉症は、すっかり定着しましたが、
実は、秋もアレルギーが出やすい季節です。

ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


花粉症に関しては、ブタクサやヨモギなど、
秋に飛散するものも多く、
春と同様の対処が必要な人も多いもの。

私も、春・秋両方とも、
花粉症の薬をもらって飲んでいます(^_^;)

また、ぜんそくの人も、
要注意の季節です。

うちの長男はぜんそく持ちですが、
大きな気温差気圧の変化に弱く、

雨の日は、気圧が低くなるせいで、
調子が悪くなりがちです。

その長男、今年は2泊3日の移動教室(修学旅行)で、
富士山の近くに行くのですが、
1000メートル級
登山
があるそうなんです。

ただでさえ、東京より高地の場所
若干心配ですが、頓服薬を持たせて送り出すしかないですね(>_<)

先日の保護者会で先生が言っていたのですが
5年生は、まだまだ本能で行動します。

特に男子はそうです(^_^;)。

ぜんそくの子も、だめと言っても走り回るし
部屋でまくらを投げたりして
ほこりだらけになって発作を起こす子もいます。

山登りも、危険な面があります。」
とのこと。

はやく、本能のみを脱して、
人間になって欲しいものです(^_^;)

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体


A型インフルエンザ流行で、学年閉鎖です!

長男が通っている公立小学校で、
A型インフルエンザがはやっているとのこと。

そして……
ついに、「学年閉鎖」になりました!


ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


これが、季節性のものなのか、
新型なのか、
学校からの手紙からだとよくわかりません(>_<)

長男のクラスでも、
インフルエンザで休んでいる子がいるとのこと

……教室内で、もう、うつってるんじゃないの?
と、思ってしまいます。

しかし、学年全体の閉鎖とは驚きです。

長男の学年、5年生の場合、
移動教室(修学旅行)を控えているため
予防的な措置」という側面もあるらしいのですが…。

 次男の保育園は、今月運動会があるのですが、
インフルエンザ流行の様子を見て
開催かどうかを決めるとのこと。

波は、すぐ近くまで来ているんですね~。
こわいなあ……。

うがい、手洗いの励行と、
    充分な睡眠、バランスのよい食事で、

「自己治癒力」を高めるよう、
母として努力しなければ……
と、思う今日このごろです…。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体


出産は、「完全計画出産」…!?事態はここまで切迫してます!



少し前の話ですが、
私の友人が、めでたく妊娠しました(^_^)。

しかし、昨年「妊婦のたらいまわし事件」で、
数件の死亡事故がありましたよね?

そのため、友人はよくよく考えた末、
完全計画出産
出産に臨みました。


ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


すなわち、出産日を予約して、
決められた日にベッドを確保して入院し、
促進剤を用いて出産したのです。

彼女が
そうでもしないと、安心して子どもを生めない」と、

言ったときには、「産婦人科医療は、もうここまで来ているんだ…」と、
暗澹とした気分になりました…。

分娩は、生理現象ですから、
本来薬でコントロールするものではないはずです。

でも、コントロールしないと、
妊婦さんは不安でしょうがない状況が、
すでにあるということなんですね(>_<)

私が、現在5歳、10歳の子どもを生んだときは、
幸いなことに自然分娩することができました。

今となっては、「自然に子どもを生めたのは、
とても幸せなことだったのだなあ」と、思います。

現場のお医者さんは、本当にがんばっているのに、
何がいけないのか……

(多分、医療政策がマズいんだと思いますが)……と、
深く考えさせられてしまいました。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体


ママさんサークル…向いてる人と向いてない人と…



購読している子育てメルマガ

うつ療養中で子育てがつらい」という話と、
子育てがつらくてうつになりそう」という、
悩み相談が載っていました。


ランキングに参加してます。
ポチポチっといただけると
大変励みになります!m(_ _)m
  blogram投票ボタン


 回答者の心理士の先生は
ママさんサークルに参加したり、
夫や家族の協力を求めましょう」という、
アドバイスをされていました。

私は、精神科医療関係の仕事を多くしているので、
こういった例は、まず母親の「うつ」の治療
しっかりした方がよいのでは…と、感じます。

ママさんサークル救われる人は確かに多いのですが、

サークルの和の中に入れない人

というのも結構います。

そうすると、孤独感が強まって
余計つらくなってしまうということもあります。

個人的な経験からすると、
「ママ友」は、一時的な友達です(>_<)

1度友達になったらずっと友達
……という、つもりでいても、
お互いの状況が変わると疎遠になってしまうもの。

私も、その誤解から
悲しい思いをしてしまったことがありました(ToT)。

そういった面でも、核家族の育児
結局孤独なんですよね…。

夫がよき理解者になってくれるのが
一番望ましいのですが……。

孤独は「うつ状態」を招きます。

無理に笑顔を作って
ママさんサークルに参加するより、

保健センターや子育て広場など、
自治体の「子育て支援」を活用すること、

そこでつらい気持ちを相談してみる
というのも、一つの手立てなのではないかと思ったりします。

テーマ:初めての子育て - ジャンル:育児




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。